ニキビケアの王道

2013年08月22日

【ニキビ対策に効果的な正しい洗顔方法】にきび、吹き出物に効く温泉宿のご紹介

医師によっては洗顔料なんていらないって方もいますね。

余分な皮脂も落とさないようにするのがポイントだからでしょう。

ご自分に合った方法というのを探すのが良いと思います。


livedoor Peachy【2013年08月12日08時06分】
 ⇒ニキビ対策に効果的な正しい洗顔方法 から


毎日の洗顔は、常に清潔な肌を保ち、ニキビが出来にくい肌へと導きます。
今回は、ニキビを予防する洗顔方法を紹介します。


■ 洗顔のタイミング

◎ 1日に行う回数
洗顔は、1日に2〜3回行うのが効果的です。
ゴシゴシこすって1回で済ませるよりも、軽い力で何回も洗う方がニキビ対策、キレイな肌のためには良いです。

◎ タイミング
洗顔を行うタイミングは主に、「起床時」「就寝前」に行います。
さらに、汗をかいた「運動後」に行うのも効果的です。

◎ 頻度
毎日洗浄するようにしましょう。


■ 用意するもの
・洗顔料(肌質にあったもの)
・清潔なタオル
・ヘアバンド


■ 手順
◎ STEP1:髪を留める
髪を濡らさないよう、ヘアバンドを使って髪を留めましょう。

◎ STEP2:顔を濡らす
ぬるま湯で顔をぬらしましょう。

◎ STEP3:洗顔料をつける
洗浄剤(洗顔料)を適量手に取ります。
手のひらでしっかりあわ立て、顔につけます。
過剰な皮脂や古くなった皮脂は、皮膚にとって刺激となるため、十分取り除いてあげることが重要です。

◎ STEP4:水で洗い流す
優しく水で洗い流します。
洗浄剤が髪の生え際やあごなど目が行き届きにくい箇所に残らないよう、しっかり水で洗い流しましょう。

◎ STEP6:顔を拭く
洗顔後の顏を拭くタオルなど、顔に触れるものは、いつも清潔にしておきましょう。

◎ STEP7:保湿
洗った後は保湿をしっかりと行ないましょう。


■ 注意点

◎ 1:肌質にあった洗浄剤を選ぶ
洗浄剤は自分の肌質に合ったものを選びましょう。
皮脂分泌の多い方は、皮脂を十分に取り除く為のニキビ用の洗浄剤がおすすめです。
ただし、大人にきびは乾燥からきていることも多いため、自分の肌をしっかり見極めて肌質に適した洗浄剤で洗いましょう。
脱脂力の良い洗顔料や化粧水を用いたことで、乾燥肌になるのは肌によくありません。

◎ 2:洗浄剤は手のひらで泡立てる
洗浄剤は顔の上であわ立てると刺激になりやすいです。
あらかじめ手のひらでしっかり泡立てましょう。

◎ 3:優しくこする
洗浄は優しく行なうようにしましょう。
こすりすぎや洗浄のしすぎ(1日10回など)は、肌の潤いを保つ為に必要な新鮮で綺麗な皮脂まで取り除いてしまったり肌を傷つけてしまう可能性があります。
また、スクラブ洗顔やパック剤で刺激を与えすぎたり、毛穴洗顔用ブラシやクロスで毎回擦るのも良くありません。

◎ 4:すすぎもしっかり行う
洗顔だけでなく、洗髪後のすすぎが不十分だとニキビの原因になります。
しっかりと洗い流すようにしましょう。


■ おわりに
ニキビ対策に効果的な正しい洗顔方法を紹介しました。
にきびが既に出来てしまった方やできやすい方は、ぜひ参考にしてみて下さい。



posted by レタス28号 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック